地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、帯広・十勝の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

帯広・十勝の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ十勝 編集部が行く!

世界で話題沸騰! 十勝の自然が織りなす豊頃町のジュエリーアイスをレポート!

2017年1月末のニューヨーク・タイムズ電子版で紹介されるなど、今、世界から注目を集める豊頃町・大津のジュエリーアイス。厳寒期の1月中旬から2月下旬にしか見られない奇跡の宝石・ジュエリーアイスを、2017年2月中旬にまいぷれ十勝編集部が豊頃町を訪れた様子をレポートします!

ジュエリーアイスは、豊頃町の自然の奇跡!

豊頃町・大津海岸に流れついた日の出の光とジュエリーアイス
豊頃町・大津海岸に流れついた日の出の光とジュエリーアイス
ジュエリーアイスは、凍った十勝川の氷塊が海まで流れ、荒波に磨かれて海岸線に打ち上げられた氷のこと。大津海岸は朝日が綺麗に見える場所で、そのオレンジ色の光に照らされキラキラと輝く姿は、まさに「氷の宝石」ということからジュエリーアイスの名前がつきました。命名は帯広で英語学校を経営する豊頃町出身の浦島久さん。2012年に名付けられ「宝石のように輝く氷」として広まりました。

以前よりこの自然現象はあったものの、昨今は、テレビや雑誌、海外のメディアに紹介され、道外だけでなく海外からも観光客が来る程、国際的にも注目されるホットスポットとなりました。

2017年1月のニューヨーク・タイムズの電子版では、「ダイヤモンドのように輝く氷が日本の海岸に打ち寄せる」という見出しで「ジュエリーアイス」が紹介されました。「この種の川の氷を見つけられる唯一の場所かもしれない」と言う学者の話も掲載され、国際的に評価を高めています。

ジュエリーアイスを見るには、天候や気温などの運が必要!?

今回は、まいぷれ十勝編集部2人で豊頃町・大津に向かいます。訪問した2017年2月中旬は、連日、気温が高く、ジュエリーアイスはすでに溶けてしまったという豊頃町のfacebook情報や編集部の周りの方々の話が・・・。「2月中旬でも、もう見れないのかぁ」と不安を抱え、朝5時に帯広市内を出発!

まいぷれ十勝編集部が豊頃町を訪れた当日は、連日の暖かい日から一転、気温が低い日となりました。日の出と共に一面に広がる美しく輝くジュエリーアイス! と淡い期待を胸に、豊頃町・大津海岸へ向かいます。

そして、期待と不安で到着した大津海岸には、写真で見た一面の氷が・・・

ほとんど、無い(泣)!!
やはり連日の温暖な天候の影響のためか、ほとんどのジュエリーアイスが溶けたようです・・・

ということで、ここからは大津海岸内に残されたジュエリーアイス探してしまった撮影に変更! 海岸にはすでに多くの観光客が、ジュエリーアイスを探しています! ジュエリーアイスの撮影争奪戦の開始です(笑)
沢山の観光客に探されるジュエリーアイス
沢山の観光客に探されるジュエリーアイス

日の出と共に見るジュエリーアイスは、神秘的な世界

まさに宝石という言葉通り! 海岸に流れついたジュエリーアイス<br>
まさに宝石という言葉通り! 海岸に流れついたジュエリーアイス
小さいながらも美しいジュエリーアイス
小さいながらも美しいジュエリーアイス
まさに自然が作り出す造形美! 丸く空いた穴から日の出が覗けるジュエリーアイス。
まさに自然が作り出す造形美! 丸く空いた穴から日の出が覗けるジュエリーアイス。
もはやジュエリーロック!? 大物のジュエリーアイスも!
もはやジュエリーロック!? 大物のジュエリーアイスも!
波で海岸に打ち上げられた、光り輝くジュエリーアイス
波で海岸に打ち上げられた、光り輝くジュエリーアイス
朝日に照らされたジュエリーアイスも美しい
朝日に照らされたジュエリーアイスも美しい
ジュエリーアイスの形は千差万別。どんな形のジュエリーアイスがあるか探すのも楽しい
ジュエリーアイスの形は千差万別。どんな形のジュエリーアイスがあるか探すのも楽しい
波と共に流れ着いたジュエリーアイス
波と共に流れ着いたジュエリーアイス
大津海岸に打ち上げられた流木も寒さで木の周りが凍ります
大津海岸に打ち上げられた流木も寒さで木の周りが凍ります
連日の温暖な天候の影響もあり、想像以上のジュエリーアイスを見ることができませんでしたが、数少ないジュエリーアイスだけでも美しさは「十勝が世界に誇れる絶景」。そして、「十勝の新名所」と言えるでしょう。来年こそは、大津海岸の一面に打ち上げられたジュエリーアイスを見るために訪れたいと思います!

冷えた体には豊頃町の「朝日堂」のカスタードクリームドーナツを!

豊頃町・大津海岸に訪れたこの日の温度は、マイナス12度。ジュエリーアイスの撮影や観光を12時間もしていると、さすがに防寒対策をしていても体が冷えてきます。何か温かいの飲み物と甘いお菓子を!という事で、帯広市内へ戻る途中に老舗菓子店の朝日堂に寄ってみました。
やみつきになる甘いカスタードクリームとふわふわのパンは絶品!
やみつきになる甘いカスタードクリームとふわふわのパンは絶品!
朝日堂の「カスタードクリーム」は平日1日に1,500個、休日には3,000個ほど売れる人気商品。その上品な甘さは、朝早く起きた疲れを癒し、冷えた体を元気にしてくれます。

世界に注目されはじめた十勝・豊頃町のジュエリーアイス

今回は、海岸を埋め尽くすジュエリーアイスを見る事ができませんでした。しかし、何度、訪れても飽きない程この神秘的な景色は、人生一度は見る価値あり! 来年こそは大津海岸を埋め尽くすジュエリーアイスの絶景を見る!と心に決めた、まいぷれ十勝編集部でした。

次ページでは、ジュエリーアイスを見るための防寒対策、観光情報を紹介します

PICK UP 帯広・十勝のお店 ~グルメ~

  • 十勝野スイーツ

    十勝野スイーツ

    帯広市西2条南8-1 藤丸百貨店地階 Fまるしぇ内

    [ ソフトクリーム・ジェラート・チーズケーキ・クッキー ]
    フルーツ・野菜が凝縮したスイーツ専門店

  • とんかつ専門店 我逢亭

    とんかつ専門店 我逢亭

    帯広市大通南17-15

    [ とんかつ専門店 ]
    十勝・帯広で一度は食べたい迫力の厚切りとんかつをご賞味あれ!

  • 旬菜料理 桜楽 sakuraku

    旬菜料理 桜楽 sakuraku

    帯広市西2条南10-19-2 蝶屋ビル2階

    [ 居酒屋、和食、創作料理 ]
    帯広駅周辺のホテル近く。和食一筋40年、手作り料理が絶品の店

  • やきとりゆうちゃん

    やきとりゆうちゃん

    帯広市西23条北1-5

    [ 焼き鳥 ]
    アツアツの焼き鳥をご自宅に! 焼き鳥の持ち帰り専門店。

  • CHA CHA

    CHA CHA

    帯広市西1条南10-1-3 5番館ビル地下1階

    [ スナック ]
    帯広駅からすぐ行ける! 新店舗のスナックCHA CHAオープン♪

  • 昼・晩ごはんの店 ドマーニ食堂

    昼・晩ごはんの店 ドマーニ食堂

    帯広市西15条南17-2

    [ 食堂(定食、洋食)/野菜販売 ]
    洋食から和食までメニューが豊富! そんな食堂あるんです!