地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、十勝の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

十勝の地域情報サイト「まいぷれ」

十勝ミュージアムめぐり 特集

漁業や広尾町の歴史に注目!「広尾町海洋博物館・郷土文化保存伝習館」

広尾町ゆかりの有名人、北勝海と坂本直行の貴重な展示も。

 海洋博物館は広尾町近海の魚類、海洋生物、漁業についての資料が展示されている施設。広尾町で行われる主な漁法の解説や、漁船の計器、漁具、船具などの実物展示があります。漁や漁船をメインに展示しているのが珍しいポイントで、生活と漁業が密着した広尾町ならではと言えます。併設している海の館(広尾町郷土文化保存伝習館)では、さらに広尾町の歴史について1600年代から掘り下げて紹介しています。難工事であった黄金道路の作業風景を再現するジオラマなど見応えもたっぷり。

 博物館では広尾町出身の八角親方(大相撲第61代横綱、北勝海)についての特別展も開催。幼少期から引退、八角部屋創立までの軌跡が展示されていて、現役時代の化粧まわしなど実際に使用されていたものが資料として並びます。中でも目を引くのは、大相撲本場所において優勝した際に両国国技館内に吊るされる優勝額。本人の白黒写真に油絵の具で彩色したもので、縦3m、横2mを超えるという迫力の大きさです。

 また、六花亭の包み紙でも有名な画家、坂本直行の記念展示も行っています。農業経営のために広尾町に住み、日高山脈に魅せられて残した数々の絵画や書籍などを多数展示。家族の写真などもあり、生い立ちなども知ることができます。

北勝海や坂本直行の展示はファンならずとも必見!

広尾町海洋博物館・郷土文化保存伝習館 基本情報

■住所 :北海道広尾郡広尾町字野塚989番地
■TEL :01558・2・5572(土・日・祝日)、01558・2・0181(平日)
■開館時間 :土・日・祝日の10時~16時(4月~9月)、10時~14時(10月~11月)
※平日の開館はお問い合わせください。
■入館料 :個人一般 300円、個人小・中学生 150円、団体(10名以上)一般 270円、団体小・中学生 120円
■休館日 :11月初旬~4月中旬
■駐車場:あり(無料)

■HP : http://www.town.hiroo.hokkaido.jp/kankou/spot_rekishi.html