地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、帯広・十勝の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

帯広・十勝の地域情報サイト「まいぷれ」

十勝ミュージアムめぐり 特集

開拓の生活や農業、道具を使って体験「ふるさと歴史館 ねんりん」

月替わりで体験学習も開催!

実際に使っていた生活道具などが展示されている館内
実際に使っていた生活道具などが展示されている館内
 芽室町の開町100年を記念して1999年に建設された郷土史料館です。明治時代に開拓で実際に使われていた生活道具や農業、林業関係の道具が豊富に展示されています。その他にも町内から出土した矢じりや土器類などの遺物も。
生活道具はミシンや糸紡ぎ機、うどん製造機、湯たんぽ、炭を入れて使うアイロン、使い込まれたランドセルなど身近な物が多く、懐かしく感じる人も多いと思います。貴重な大正時代の自転車もあります。当時の交通手段は馬車や馬そりが主流の中で、自転車はとても便利なものだったようです。

 昔の道具を使って行う体験コーナーもあります。石臼で小麦をひいたり、丸太を大きなのこぎりで切ったり、屋外にある手押しポンプ(5月ごろから使用できます)で地下水をくみ上げたりと、道具の仕組みを楽しく理解でき、昔の生活を感じることができるよう工夫されています。
月替わりの体験学習が企画されています。紙の筒を利用するおきあがりこぼしやメッセージカード、木工クラフト作りなど毎月一つのメニューが用意されていて、親子で楽しめます。第2・第4土・日曜の9時~15時30分(受付時間)に実施しています。材料は用意されていて無料です。来館して受け付け時間内に申し込むと体験できます。

道具を使って昔の生活を体験

大正時代に町内で使われていた自転車
大正時代に町内で使われていた自転車
大きなのこぎりで丸太切りも体験できます
大きなのこぎりで丸太切りも体験できます
昔のミシン、ランドセルなど懐かしいものもいっぱいです
昔のミシン、ランドセルなど懐かしいものもいっぱいです
メッセージカードやおきあがりこぼしなど月替わりで体験学習が企画されています
メッセージカードやおきあがりこぼしなど月替わりで体験学習が企画されています

ふるさと歴史館 ねんりん 基本情報

■住所 :北海道芽室町美生2線38番地15
■TEL :  0155・61・5454
■開館時間 : 9時~17時
■休館日 :火曜、年末年始(12月30日~1月6日)
■入館料 :無料