地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、十勝の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

十勝の地域情報サイト「まいぷれ」

十勝ミュージアムめぐり 特集

十勝の歴史、自然、農業を知るならココ!「帯広百年記念館」

十勝・帯広開拓の先駆者、依田勉三の史料

 帯広市にある十勝の自然や歴史を展示する総合博物館です。晩成社が1883(明治16)年に、帯広へ入植してから100年目に当たる1982(昭和57)年に開館しました。

 十勝平野が生まれる過程、先史時代から明治の開拓、十勝のアイヌ文化、十勝農業の発展など、十勝全体の自然、歴史が学べます。特に十勝・帯広開拓の先駆者、依田勉三が率いる晩成社の史料を豊富に展示・収蔵。

 大正3遺跡で見つかった約1万4000年前の土器が展示されています。これは道内最古で、日欧の研究チームが土器に付いていた焦げを分析したところ、海洋の水生生物の脂があることが分かり、海洋生物を煮炊きしていた世界最古の証拠となりました。

 十勝の歴史、自然、農業を知るなら「帯広百年記念館」へ!緑ヶ丘公園の中にあり、近くには帯広市児童会館や北海道立帯広美術館もあるので、休日にゆっくりまわってみるのもおすすめです。

十勝農業の歴史、作物の変遷もぎっしり

大正3遺跡で見つかった約1万4000年前の土器
大正3遺跡で見つかった約1万4000年前の土器
農業や農機具の変遷を実物や模型で分かりやすく解説している
農業や農機具の変遷を実物や模型で分かりやすく解説している
農業が機械化される前、馬は家族同然で人と共に作業しました
農業が機械化される前、馬は家族同然で人と共に作業しました
本物の豆類がたくさん展示されています
本物の豆類がたくさん展示されています

帯広百年記念館 基本情報

■住所 : 北海道帯広市緑ヶ丘2番地
■TEL : 0155・24・5352
■開館時間 :常設展示室9時~17時(入場は16時30分まで)
■休館日 : 月曜(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日曜の場合は開館)、年末年始(12/29~1/3)
■常設展示室観覧料金(個人):高校生190円、大人380円、65歳以上190円
■駐車場 : あり(無料)
■HP : http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/