地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、帯広・十勝の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

帯広・十勝の地域情報サイト「まいぷれ」

十勝のチーズ工房 特集

ジャージー乳使い、コクの深いゴーダチーズ「十勝加藤牧場 乳と蜜と大地の工房」

濃厚でクリーミーなジャージー乳は栄養価も高く希少なもの

ゴーダチーズの他、飲むヨーグルトは無糖、ビートオリゴ糖、きび糖、ハスカップ味があり。(200ml<br> 324円、500ml 648円、900ml 1080円)
ゴーダチーズの他、飲むヨーグルトは無糖、ビートオリゴ糖、きび糖、ハスカップ味があり。(200ml
324円、500ml 648円、900ml 1080円)
 牧場で飼育する乳牛約330頭のうち、50~60頭(搾乳している牛)はホルスタインと比較して濃厚な乳をつくるジャージー牛です。チーズは、現在ゴーダチーズのみを造り、ほかにジャージー牛乳、飲むヨーグルトやバターを製造しています。

 ジャージー牛の生乳は、乳脂肪分や無脂固形分率が高く、カロテンも多く含み淡い黄色をしていることから「GOLDEN MILK」とも呼ばれています。濃厚な味わいで、ほのかに生クリームの風味を感じます。ホルスタインに比べて体が小さく搾乳量が少ないため、国内で飼育されている数は多くはありません。

 十勝加藤牧場では、約30年前、地域の特徴を出した生乳生産とより質を高めるためにジャージー牛を導入しました。数頭から飼育を始め、自家繁殖で頭数を増やしてきました。生乳は、ホルスタインとジャージー牛の両方を出荷していますが、工房の乳製品はジャージー牛の乳のみを使っています。5年ほど前からチーズの製造を始めました。4~6カ月熟成させたジャージー牛のゴーダチーズは、コクが強く、かんでいると生クリームのような風味が増し、後味はしつこくなく、クセになる味わいです。牧場や工房では商品を販売していません。帯広市内の藤丸やJR帯広駅内の北海道四季彩館帯広店などで販売しています。

ジャージー牛の「GOLDEN MILK」の美味しさを味わって!

4~6カ月熟成させるゴーダチーズ(80g 594円 ※熟成期間によって価格が変わります)
4~6カ月熟成させるゴーダチーズ(80g 594円 ※熟成期間によって価格が変わります)
愛くるしい表情のジャージー牛
愛くるしい表情のジャージー牛

十勝加藤牧場 乳と蜜と大地の工房 基本情報

■住所 : 帯広市美栄町西8線130(十勝加藤牧場)
※牧場や工房では商品を販売していません。
■TEL : 0155・60・2107

■HP : http://www.katofarm.net/

人気のキーワード